英語学習帖

日々の職場英語・生活英語メモ:ビジネスに使用する英単語や英語表現、話題になりそうな海外メディア記事を紹介しています

アメリカの話題

treatment

'treatment' (治療) イギリスの'brain-damaged' (脳に損傷のある)乳児に対する治療を継続するかどうかの裁判に関連して、米国大統領トランプ氏が支援をtwitterで申し出たという記事。 'The case has focused attention on the role of British and Europ…

ワークライフバランス

jp.wsj.com 忙しいことを美徳にするのは日本人だけでなく、アメリカ人も同様の様子。 「いいわよ。月曜の夜8時半ごろ、45分から1時間ほどうちに立ち寄っては?」なんて言われたら、「やっぱいいです」と答えてしまいそうだけど。 ちなみに、'work–life balan…

puppet

'puppet' (操り人形、傀儡) シリアをめぐる情勢は一向に改善しないように見えます。紛争が起こる地域というのは、その国が自国の国益のために動いているというよりも、複数の大国の利害に関連することも多いので、簡単には収束しないのかもしれません。 ww…

#@$%

jp.wsj.com 上のリンク記事はタイトルが完璧なサマリになっていて、そのまま汚い言葉の本が増えたという話。結果、印刷業者は#@$のような伏字を大量に印刷していると。(英文記事のタイトルは"Book Publishers Are Printing More #@$% Than Ever") マクラの…

Executive Order

'Execytuve Order' (大統領令) www.wsj.com 'President Trump’s executive order' (トランプ大統領の大統領令) トランプ氏の出した入国禁止令によって、大混乱が生じているようですね。 これを機にアメリカ以外の場所に色々な人が移るのは面白いかもしれ…

concession speech

'concession speech' (敗北宣言) まさかのトランプ大統領。私が普段接点を持つアメリカ人は、ニューヨークやカリフォルニアで現状に満足している中年以下の男女なので、とても偏りがあるのだなとしみじみ思いました。 www.youtube.com それにしても、大統…

run for

'run for' (立候補する、出馬する) 'nominee' 'candidate' (候補者) 'Clinton was not the first woman to run for United States President, and not even the first to run for a major party's nomination.' (クリントン氏は女性で初めて米国大統領…

power suit

www.wsj.com jp.wsj.com Mrs. Clinton’s Twitter bio describes her as a “pantsuit-aficionado,” and she’s nicknamed some of her most ardent followers as “my sisterhood of the traveling pantsuits.” (クリントン氏のツイッターの自己紹介欄には「パ…

Concrete Ceiling

'glass ceiling' (ガラスの天井)は既に有名だけど、有色人種の女性には'concrete ceiling' (コンクリートの天井)が存在するとのこと。アメリカの会社で働いてみて、女性差別がないわけではないと思ったし、少なくともアジア系の女性が本社で上級経営職に…

Simple Sabotage Field Manual

sabotage (サボタージュ、破壊活動) 日本語でも「サボる」と使いますが、ただ持ち場を離れることよりも、積極的な活動を指します。元々、'sabo'はフランス語で「木靴」。木靴で工場を破壊したから、'sabotage'が「破壊活動」の意味になったとか。 さて、そ…

yearly pay raises

'yearly pay raises' (年次昇給) jp.wsj.com 年次昇給の効果に対する疑問から、全員に年次昇給を提供するよりも成果のあった人に厚く報いては、という主張が紹介されますが、年次昇給の撤廃が本当に効果的かというと、そちらも疑問、という記事です。個人…

wow

edition.cnn.com 世界各地で概ね好意的に見られたと聞く閉会式での日本のパフォーマンス。実は日本初、というくらい海外でもメジャーなスーパーマリオやキャプテン翼から、ハイテクイメージや東京の街並みをコンパクトに紹介した素敵なパフォーマンスだった…

artificial surfing

www.youtube.com 'artificial' (人工) 山の中で湖に人工の波を発生させて、サーフィンをするというもの。 www.bloomberg.com 'Others welcomed the idea of a realistic artificial wave that could bring surfing to landlocked states and countries, al…

muscle cramp

"muscle cramp" (筋けいれん) "Achilles' heel" (アキレスけん、急所) Achilles' heelは、日本語で言う「弁慶の泣き所」的な意味で使うことも多いですね。アキレスは不死身だったけれどかかとだけが例外だったようで(芳一の耳みたいな感じですかね)、…

bounty

"bounty" (懸賞金、報奨金) Pentagon(アメリカ国防総省)がバグに報奨金を付ける時代に突入するというニュース。"Hack the Pentagon" (ペンタゴンをハック)がうまくいったので、更に対象を広げるとのこと。 "Payouts for the bugs — the bounties — ran…

cub

"cub" (特に肉食獣系の動物の子供) "The ‘Tiger Mother’ Has a Contract for Her Cubs"が元のタイトル。スパルタ教育で有名になったTiger Motherことエイミー・チュア氏は法律の専門家ということで、成長した子供たちの教育には契約書を用いて解決とのこと…

self-driving

"self-driving" (自動運転) "driverless" (運転手なし=自動運転)という言葉も。 "General Motors Co. and Lyft Inc. within a year will begin testing a fleet of self-driving Chevrolet Bolt electric taxis on public roads"ということで、自動運転…

dual national

"dual national" (二重国籍) "immunity" (免除、特権) "acting in one's official capacity" (公人として活動している) 米国籍の工作員には外交特権を求めたにも関わらず、事件当時に米国政府のために働いていた二重国籍の工作員には求めず、結果その…

idleness rate

"idleness rate" (ニート率) ニートという言葉はNot in Education, Employment or Trainingという英語が元であるのに、英語圏では意外に使われないですね。イギリスでは使うのでしょうか。 そして、日本ではニートはかなり広い世代の定職につかない方を指…

make payment

"make payment" (支払いをする) 昨日に引き続き、学生ローンの話題です。40%以上の借り手が返済していないとか。 "in default" (不履行) "delinquent" (延滞、滞納) "postponement" (支払い延期) 大学で勉強するためにお金を借りられるのはありがた…

Student Loans

"student loan" (学生ローン) 日本でも育英会のローンが払えない若者が話題になっていますが、アメリカでも学生ローンの返済は若者にとって重大な課題のようです。アメリカも学費は高いですからね。 そんな中、企業が返済を支援することによって若い労働力…

働く外国人

元のタイトルは"January is for cutting down on long hours, not alcohol"(1月はアルコールではなく、長時間労働を削減するとき)というコラムにて、最近は英米のプロフェッショナル職でもワークライフバランスの見直しがなされ始めているということが書か…

The Intern

邦題「マイインターン」 若い起業家が経営するオンラインファッションサイト運営企業が導入したシニア・インターン(高齢者インターン)。優秀ではあるものの経験不足から色々とうまくいかない状況のCEOに、落ち着いた経験豊富なインターンという面白い取り…

"The Economist Espresso"

日曜日を除いて毎日のニュースが英語で読めるアプリです。地域も欧、米、亜を選べるので、興味のある地域ニュースを読むのも良さそうです。 旬の話題で使われる単語を覚えられるので、雑談力も向上しそうです。The Economist Espresso - Google Play の Andr…

Controversy

"controversy" (論争、議論) かなり大掛かりな論争を指すイメージです。 "holiday-themed coffee cup" (ホリデー仕様のカップ) 最近はクリスマスシーズンという言い方を避けて"holiday season"と呼び、クリスマスパーティも"year-end party"と呼ぶなど、多文…

recession

"recession" (不況、景気後退) "plunge" (沈める、投げ込む、突っ込む) BRICsと騒がれていましたが、中国も経済成長に陰りが見える中、ブラジルもですね。 Brazil Economy Plunges in Second Quarterwww.wsj.com 謎解き!平成大不況―誰も語らなかった「…

resilience

"resilience" (回復力、逆境力) ビジネス書でよく見かけるようになった言葉ですが、元々は心理学の言葉で、ストレスを乗り越える力、ストレス環境に対応する力を指すそうです。 ハリケーンKatrinaの甚大な被害を受けたNew Orleansには、Chief resilience o…

buttered coffee

最近の驚いたレシピ、バター入りコーヒー。 ホットコーヒーを用意し、バター(無塩、草を食べて育った乳牛のもの)、ココナッツオイルを混ぜる、というもの。 ちょっと試しては見たものの、ちょっと私の好みではなかったかも。 しかし、ダイエット効果がある…

アメリカビジネスカルチャー

鉄板焼きのベニハナCEOによるアメリカビジネスにおける、マナー教本。 基本は誰も教えてくれない日本人のための世界のビジネスルール 文体のせいか、元上司(女性)と話しているような気分になってしまいました。。。 個人的には、パーティでの人脈作りのコ…

Workcation

"Workcation" (Work+Vacation、働きながらの休暇?) 米国人は休みを取るのが苦手で、仕事から離れられないので、仕事と休暇を組み合わせる人々が出てきたようです。 日本人は働きすぎ、というときにアメリカを引き合いに出されることが多いような気もしま…

Black Friday

"black Friday" (Thanksgiving dayの翌日の金曜日) Thanksgiving dayは11月の第4木曜日にあり、その翌日からは年末セールの時期であり、Thanksgivingの休暇中ということもあり、アメリカの小売業が盛り上がるイベントですね。 それに対して、週があけた月…

寿司職人によるアメリカの寿司試食

"sample"(試す)、"mushy"(やわらかい、どろどろする)、"hardened"(かたい)、"pricey"(お値ごろ)、など、ちょっとした会話表現の参考になります。 寿司職人がアメリカのスーパーにある「スシ」を食べるとこんな反応になるgigazine.net

Big rainbow

Supreme Court Recognizes Gay Marriage Nationwidetime.com FACEBOOK等でも多くの方が写真をレインボー仕様にしてお祝いした同性婚。 米連邦最高裁の命令文が美しいなどのニュースも含め、非常に話題になりましたね。 ニュージーランドでは2013年に既に同性…

wed

"many U.S. companies remain wed to paper" (多くの米国企業は今も紙に固執している) How Cloud Companies Are Killing Checkswww.bloomberg.com "wedding"の"wed"ですね。 "wed"には「結びつける、結婚する」といった意味のほかに「執着する、固執する」…

実写版シンデレラ

シンデレラの実写版を紹介する記事です。 ‘Cinderella’ Movie Charms Audiences in $70.1 Million Opening - Bloomberg Business "live-action" (実写) "following in the footsteps" (足跡をたどって) "know for playing ~~~" (~~~役で知られる…

throwing pizzas

Breaking Badと言えば、かなり話題になったシリーズですね。 その中に、ピザを屋根に投げ上げるシーンがあり、まねをするファンがいて、、、というニュースです。 "There is nothing funny or original or cool about throwing pizzas on this lady's roof" …

Here comes another bubble

シリコンバレーのバブルに纏わるパロディソング、字幕付。 2000年前後のバブルから数年前までのシリコンバレーネタですね。懐かしい。 理解を深める解説がこちらのリンクに: http://www.pasonatech.co.jp/techlab/hatarake_sv/rep4.jsp Here Comes Another …

wrap up

職場で"wrap up"というと、仕事を片付けるとか終わらせる、ですね。 Let's wrap up. (今日はあがろう) We have wrapped up 3 months of negotiations.(3ヶ月かかった交渉がまとまった) ちなみに、サランラップのラップでもあり、「包む」という意味もあ…

アメリカの名付け

日本語のように漢字の当て字とコラボがない分、英語のびっくりネームは限界があります。(そうは言っても、エクセル君には驚きました) ちょっと古い記事ですが、2012年の名付け傾向を分析した記事を見かけたので。 形容詞が名前になる、というのが新しいみ…

教育問題、就職難、etc

世間話の話題に、アメリカと日本で起きている似たような問題を紹介。記事を読むと、いろいろと表現も勉強できます。(たとえば、最初の記事:"The on-ramp to adulthood is delayed and harder to reach for young people today,"という書出し、"on-ramp to …