読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語学習帖

日々の職場英語・生活英語メモ:ビジネスに使用する英単語や英語表現、話題になりそうな海外メディア記事を紹介しています

職場の英語

feel free to

"feel free to ~"(気軽に~してください) "do not hesitate to ~"(遠慮せず~してください) メールの最後は、 "Please do not hesitate to contact me if you have any questions"(質問があれば遠慮なくお声掛けください) "Please feel free to contac…

noted with thanks

"noted with thanks"(了解) ちょっと丁寧に、"Well noted with thank you"(了解しました) "note"は、「伝える、言及する、指摘する」 よく、"Please be kindly noted that ~~"(~~~であることをお伝えします)という言い方もしますね。 あとは、"Your…

fly in coach

"fly coach"または"fly in coach"/"fly on coach"(エコノミークラスに乗る) "Economy class"を"Coach class"と呼ぶのはアメリカ英語のようですね。 "fly"の代わりに"travel"を使って、"travel in coach"も言えます。意味は同じ。

report to

"report to ~"(~に報告をする) だけど、 "job discliption"(職務定義)に"report to XXX"とあれば、(XXXが直接の上司)という意味に。 "report to CEO"(CEOに報告する立場=CEO直下) 異動のニュースが流れると、"I would like you to join in welcomi…

works good to me

よく、スケジュール調整で使う言い方です。 Thursday PM works good to me. (木曜日の午後でいいです) Please let me know time slots work better to you. (別な時間帯がよければ教えてください) It works fine with me. (その日程で大丈夫です)

It is a good fit

"It is a good fit"(よく合う、ぴったり)服の試着でも使えるし、会社の買収先選定でも使える便利な表現。"We will acquire if it is a good fit and where we can create value"(相性がよくて価値を生み出せるのであれば買収する)あとは、就職活動のアド…

You are fired

"You are fired"(お前はクビだ) 個人的にはLとRよりHとFを大切にしてほしいと思う単語です。 "I eat ライス"と言われて"lice"(しらみ)と間違われることは滅多になくて、"rice"(米)だと思うでしょう。 でも、"fire"(解雇する)と"hire"(雇う)って間…

c-suit

"C-suite""C-class""C-level""CXO"などいろいろな言い方があるマネジメントクラスを指す言葉。 意外に、"CXO"は知られていない言い方らしい。"CXO"="Chief なんとか Officer"で、マネジメントクラスですね。昔はCが付く役職といえば、CEO、CFO、COOくらいし…

on the way to/on my way to

"I saw XXX on the way to the office"(通勤途中、XXXに会った) いつまで経っても慣れない雑談。そんな中、誰かにシェアしたくなるようなネタは嬉しいものです。"I saw our prime minister"(首相を見た)とか。 それから、業後の予定とか: "I'll pick up…

インド人を黙らせて日本人に話させたら一流のファシリテータ

よく言われますけど、エンジニアと話すと痛感しますね。特に電話会議だと。 (でも、英語で言われている言葉が見当たらないんだよなー、外人も言うと同意するけど。言うとしたら、The best chairperson would keep Indian quiet and let Japanese speak upと…

bumper crop

"bumper"(豊作、大漁)+"crop"(作物) 見たままの「大収穫」という意味もありますが、もうひとつ、「大量採用」という意味にも使います。"we have a bumper crop of new grads"(新卒の大量採用がありました)このほかにも、 "we had a bumper crop of ne…

in a timely manner

"in a timely manner"(時間通りに、適時に) "I completed XXX project in a timely manner."(XXXプロジェクトを期限内に完了させた) "Good quality food served in a timely manner."(上質な食事がタイミングよく提供される) timelyだけ使っても同じよ…

Who just joined?

"Who just joined?"(いま入ったの誰?) 人によっては、"Who's just joined?"とか"Who just joined in?"と言うことも。 電話会議は顔が見えないので、「ビー」っと鳴るたびに"Hi, who just joined?" "Hi, I'm Marry"のように確認します。入った瞬間に"Hi, A…

equivalent

再び、アンケートの選択肢から "Manager or equivalent"(マネージャーまたは同等=マネージャークラス) "Director or equivalent"(ディレクタークラス) ちなみに、Managerが課長、Directorが部長~事業部長に相当する企業が多いと思います。Sales manage…

wrap up

職場で"wrap up"というと、仕事を片付けるとか終わらせる、ですね。 Let's wrap up. (今日はあがろう) We have wrapped up 3 months of negotiations.(3ヶ月かかった交渉がまとまった) ちなみに、サランラップのラップでもあり、「包む」という意味もあ…

bottoms up

”Bottoms up"(乾杯) bottom(底)がup(上がる)=>飲み干す

leverage

経歴書などを読むとよく出てくる単語です。人事考課のときもそうかも。 "I played a key role in XXX by leveraging my experience"(経験を活かしてXXXで活用しました) のように、とにかく経験はleverageされます。 あとは、 "ZZZ program helps customers…

unsolicited resume

"We do not accept unsolicited resumes from recruiters and employment agencies and will not pay a recruiting fee to any outside agency unless we have a signed agreement" (当社は、斡旋業者による未承諾の履歴書受け取ることもしませんし、契約が…

at the end of the day

"at the end of the day"(結局、最後は) 10 of the Most Irritating Phrases in the English Language | Reader's Digest Read more: http://www.rd.com/advice/10-of-the-most-irritating-phrases-in-the-english-language/#ixzz2kunToIQ6 10の最もムカつ…

LET ME FINISH FIRST!

ネイティブだらけの会議に行くと、発言中でも違う発言を被せてくる人は結構いて、なかなか聞いてもらえないこともあるのではないでしょうか。 「言っていることが良ければ聞いてもらえる」と主張する人もいます。しかし、英語がヘタでも聞いてもらえる程「言…

steal a march

"steal a march"(抜け駆けをする、出し抜く) この表現、ニュースや社内報(競合情報とか)では時折見かけるのですが、口語では聞いたことがない、不思議な表現です(といっても私の乏しい経験で、の話なので、口語で使わない表現という意味ではないです)…

Does it matter?

"matter"(名詞:問題、重要なこと 動詞:問題になる) "Does it matter?"(それは問題になる?) 問題になるなら、"it matters."/"it surely matters." ならないなら、"It doesn't matter." そして、"Does it matter to you?"とすれば、「あなたに関係ある…

expertise

"expertise"(専門性、専門知識) "She acquired expertise in accounting."(彼女は会計の専門知識を取得した) "Ideal candidate has strong expertise in pricing."(プライシングに強い候補者が理想的です) のように強みを表現する単語。 LinkedInなど…

# out of #

3 out of 5 likes product A.(5人中3人がプロダクトAを好みます) one out of ten was damaged.(10個中1個が不良品でした) 2 out of 5 stars(★★☆☆☆) "out of ~~~"で「~~~から外へ」「~~~から外れる」の表現もよく登場しますね。 たとえば、"out of offi…

tough call

"tough call"(難しい決断) "This is a tough call for me"のように使います。 こんな使い方もありました: Shutdown’s Pinch Leaves Governors With Tough Calls 政府が閉鎖されたばかりの頃の記事ですね。

business attire

"business attire"(ビジネスの服装=>スーツとか) "casual attire"(カジュアルな服装) そして、"business casual attire" (ビジネスカジュアルの服装) 意外だと言われることもありますが、外資系企業勤務は服装を気にします。過去に、「君の服装は上…

The Expulsion Room

Weathernews Workers' Union (WWU): Oidashi-beya - The Expulsion Room 追い出し部屋の説明をするために調べ物をしていたら、ちょうどありました。 A favourite tactic of Japanese corporations to force out unwanted or pariah staff is to create oidas…

Dry run

"dry run"(予行演習、リハーサル) 先週はTwitter IPOに向けた予行演習がニュースになっていましたね。 Twitter IPO dry run at NYSE to avoid problems similar to Facebook's debut | NDTV Gadgets ニューヨーク証券取引所にてFacebookデビュー時のような…

kick off

サッカーでお馴染みの言葉"kick off"=>"project kick off meeting"(プロジェクト初回打ち合わせ)"Annual kick off meeting"(年初会議)の使い方はかなり馴染んできていますね。 ほかにも、"We are going to kick off the new product campaign next month…

PIE model

若い頃、年次の評価面談にて教えられた言葉です。 Performance Image Exposure の3つが評価・昇進には必要である、と。頭文字を取ってPIE model。 Performanceはそのまま、実績です。売り上げかもしれないし、成し遂げたプロジェクトかもしれません。ただ、…

on schedule/behind schedule/ahead of schedule

進捗管理に使う言葉: "on schedule"(スケジュール通り) Everything is on schedule for the new product release. (新製品についてはすべて順調です) "behind schedule"(スケジュール遅延) The project is behind schedul by 3 months. (そのプロジ…

You are a lifesaver

お礼を言うときに、"Thank you!"だけだと味気ないので、もう一言: "You are a lifesaver!"/"You are my lifesaver!"(あなたは私の恩人) いつもお世話になっていれば、"You are a lifesaver as always"のように"as always"とか"as usual"などを付けること…

Now it's your turn to do me a favor

"Now it's your turn to do me a favor."(今度はあなたが私のお願いを聞く番よ) いろいろとお願い事をしていた相手から、先方もこちらに依頼することがあって送ってきたメールの冒頭にあった一言です。 (ある程度、気軽なやり取りができる相手向けの表現…

What do you do?

相手の職業を尋ねる"What do you do?" "What do you do?" "I work for XXX(社名)"と言う風に、日本人は会社名を答える人が多いそうです。そういえば、日本語だと「お仕事は何を?」より「どちらにお勤め?」って聞かれる機会の方が多いかもしれませんね。 …

be right back

I'll be right back. /すぐに戻ります I'll be right there. /すぐに(そちらに)行きます I'll be back around 3 PM. /3時ごろに戻ります I am 15 minutes away. /あと15分で行きます

drop-dead

先ほどのエントリーで紹介した文章に出てきた"drop-dead"という表現は初めて目にしたのでメモ。 drop-dead /ハッとする、目をむくような ということで、下記の例だとセクシーな服をイメージすれば良いのでしょうね。 “Your boss is a man; you can’t wear a…

involve

involve: 巻き込む、関係する、参加させる あたりが職場で使う意味でしょうか。 Let's involve everyone in the office /全社員を協力させよう I got involved in the project /そのプロジェクトに私も参加することになりました あと、恋愛関係でお付き合…

don't take it personally

部下に注意をするときなど、個人攻撃をするつもりはないよ、というつもりで"Don't take it personally" (個人的に捉えないでください)と前置きをしたり最後に付けたりします。 日本語でも「あなたが気に入らなくて言うわけではないのだけど直した方がいい…

couldn't agree with you more

これ以上の同意ができない=激しく同意している couldがcanでないことに注意。 アメリカ人はcan'tとする人もいるのですが、仮定の表現なので過去形にしなければ本来的には意味が合わないはずです。今、同意している以上の同意をすることをしようとしてもでき…

unacceptable

It is unacceptable. /受け入れられません。 不適切な言動、受け入れがたい取引条件など、拒否するときに使える言い方。 事前に促す注意やアナウンスであれば、下記のような使い方も。 The policy of the XXX is that sexual harassment is unacceptable co…

IFの使い方で気になったこと

"I'll send you the file if I complete" 日本語にすると「完成したらファイルを送ります」になりそうに見えますが、想定しない意味が含まれてしまいます。「(するかどうかわからないけど、もし仮に)完成したらファイルを送ります」という風に。なので、頼…

go over

確認する。 Let's go over the schedule for ~~~. /~~~のスケジュールを確認しましょう Let's go over the list. /リストの確認をしましょう I have gone over the report. /報告書を確認しました 使い方が似ているのはtake a look、reviewなどでしょうか…

understaffed

人手不足 We are understaffed and facing heavy workloads. /人手不足で仕事量が超過気味 XXX has been postponed due to understaffing at ABC. /ABCで人手不足なのでXXXは延期します My staff complain that we are understaffed. /スタッフが人手不足…

Please ping me

会議中・電話中の同僚に、手が空いたら教えてね、というときに良く使う表現。 Please ping me when you are available. 手が空いたら教えて Please ping me if you want to talk about this. 本件で必要あれば声かけて など 元は軍事用語のようです。pinger…

英文ルール今昔

思い出すまま、過去に習った英文ルールと日々触れている英文の差異について: <段落の最初はスペース> たとえば、 I would like to update you about project X as follows. Please let me know if you need further information. という書き出しの文書が…

impulse buying

衝動買い、ってそのままimpulse buyingまたはimpulse purchaseというんですね。 ウェブで検索すると、"Five Reasons We Impuls Buy"という記事を発見、動詞にもなるようです。 http://www.psychologytoday.com/blog/consumer-behavior/201303/five-reasons-w…

in a nutshell

要点を伝えるときに使う表現。 ~~~~~(だらだら説明), --- (簡潔な説明) in a nutshell. Put it in a nutshell, ---.

would you excuse us

ちょっと席を外してほしいときに使うエレガントな言葉。 大切な話があるときなど、人払いをするのに使います。 Would you excuse us for a moment? Would you excuse us for a minute? など。 ただ、これは少し上から目線な印象ですので、使う場は選ぶ方が良…

standard procedure

standard procedure: 標準手続 といえばそれだけなのですが、これも仕事のうちですから、というようなときにも使えるようです。 あるドラマにて、雇用主の罪をかぶった運転手が、この表現を使っていたのでメモ。

on the same page

Let's make it sure that we are on the same page. 会議がかみ合っていないとき、理解が同じであることを確認するために使う表現です。 メールにもしばしば登場しますね。 the same page 同じページにいることを確認する。 ちなみに、in the same boatとい…