読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語学習帖

日々の職場英語・生活英語メモ:ビジネスに使用する英単語や英語表現、話題になりそうな海外メディア記事を紹介しています

c-suit

職場の英語 会議 メール その他の英語

"C-suite""C-class""C-level""CXO"などいろいろな言い方があるマネジメントクラスを指す言葉。
意外に、"CXO"は知られていない言い方らしい。"CXO"="Chief なんとか Officer"で、マネジメントクラスですね。

昔はCが付く役職といえば、CEO、CFO、COOくらいしか目にしなかった気がするのですが、どんどん増えますね。

CEO: Chief Executive Officer(最高経営責任者
CFO: Chief Financial Officer(最高財務責任者
COO: Chief Operating Officer または Chief Operations Officer(最高執行責任者

ちなみに、上の3つ以外は略称にスペルチェッカーの線がかかる(=つまり、スペルチェッカーは間違いじゃないですか、と言っている)単語ですので、その新しさが伺えます。

最近ややこしかったのが、
CAO: Chief Accounting Officer(最高会計責任者) または Chief Administrative Officer(最高総務責任者) または Chief Audit Officer(最高監査責任者) ---どれなのかわからないことが結構あります。

このあたりは日本でも定着しつつありますかね。一応、CEOとかに順ずる訳を書いてみます。
でも、日本だと英語面に下記のタイトルがある人たちの日本語タイトルは○○本部長とか統括本部長になっていることが多いような気がします。
CCO: Chief Compliance Officer(最高コンプライアンス責任者)
CIO: Chief Information Officer(最高情報責任者)<-一度だけ、CIO: Chief Investments Officer(最高投資責任者)に会ったこともあります。一般語と思って侮れない。
CMO: Chief Marketing Officer)(最高マーケティング責任者/マーケティング統括責任者)
CRO: Chief Risk Officer)(最高リスク管理責任者)
CSO: Chief Security Officer)(最高セキュリティ責任者)
CTO: Chief Technical Officer)(最高技術責任者)
CISO: Chief Information Security Officer(情報セキュリティ責任者)

それから、このあたりは社内のinitiative(委員会までいかないXX運動というレベルのときに良く使う単語、イニシアティブ)のリーダーに付けられることの多い役職でしょうか
CKO: Chief Knowledge Officer(ナレッジ責任者)
CDO: Chief Data Officer(データ責任者)
CVO: Chief Visionary Officer(ビジョナリー責任者)<-本当に存在するのか不明。ウェブで見たことがある、レベル
CPIO: Chief Process and Innovation Officer(プロセス・イノベーション責任者)<-会ったことはないです。求人広告で見たことがある

まだまだ出てきそう…
この季節、大活躍するのはCEO=Chief Entertainment Officer(最高宴会責任者)ですね。

f:id:CoffeeAndBooks:20131210001654j:plain

広告を非表示にする