読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語学習帖

日々の職場英語・生活英語メモ:ビジネスに使用する英単語や英語表現、話題になりそうな海外メディア記事を紹介しています

Bottom-up vs. top-down

世界の比較 外資系生活

Bottom-up (ボトムアップ

Top-down (トップダウン

最近、和製英語で冷や冷やすることが多く、ついつい調べなおしてしまいました。

よく使う単語こそ、初心に帰って。こちらは英語でした。

 

ちなみに、アメリカの企業はトップダウン、日本の企業はボトムアップと言われますが、ヨーロッパや中東はどうなんでしょうね。なお、中国はトップダウンのようですし、韓国も財閥系はトップダウンの傾向が強く見えます。

よく、外資系はフラットでしょう、と言われますが、それは社長に向かって"Hi Tom"と呼びかけることができるだけで、現場の意見が尊重されるのは日本企業の特色だったりもします。少なくともアメリカ資本の会社では、上からの指示は絶対、の世界です。役職者は、結果が出なければクビというシビアな条件の代わりに、強い権限を与えられます。だから、パフォーマンスを出している限り、ミネラルウォーターの銘柄を間違えただけでも秘書をクビにできるわけです。(スティーブジョブズ氏の実話と聞きましたが、真偽は不明。ただ、あり得そうな話です。)

そのカタカナ英語、外国人には通じません (フォレスト2545新書)

そのカタカナ英語、外国人には通じません (フォレスト2545新書)

 
なぜ、その英語では通じないのか?

なぜ、その英語では通じないのか?

 
和製英語が役に立つ (文春新書)

和製英語が役に立つ (文春新書)

 

 

広告を非表示にする