読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語学習帖

日々の職場英語・生活英語メモ:ビジネスに使用する英単語や英語表現、話題になりそうな海外メディア記事を紹介しています

教育問題、就職難、etc

アメリカの話題 雑談

世間話の話題に、アメリカと日本で起きている似たような問題を紹介。記事を読むと、いろいろと表現も勉強できます。(たとえば、最初の記事:"The on-ramp to adulthood is delayed and harder to reach for young people today,"という書出し、"on-ramp to ~~ /~~への入り口"、どこかで使ってみたい表現だと思いました。)

 

  • Millennials Face Uphill Climb
    大学に通うためのコスト負担の重さや高賃金の職が要求する知識・技術レベルの高度化、高齢者の退職時期延長など、日本にも似たような話題が出てきます。
    一市民として、若者が必要な経験を手に入れられる機会の創出のために、微力ながら何か考えたいところでもあります。
    http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304827404579108671697410940.html#articleTabs%3Denglisharticle
  • Sorry, College Grads, I Probably Won't Hire You
    日本の大学教育を非難するときに言われるような内容が出てきますね。ある経営者が人は探しているけれども新卒者の採用はしない、と語っています。たとえば、”The problem is that the right skills are very hard to find. And I'm sorry to say it, dear graduates, but you probably don't have them.”(問題は必要なスキルを持った人材を見つけることが非常に難しい。そして、残念ながら新卒の皆さんがそれらを持ってはいないだろう)、”If you grew up and went to school in the United States, you were educated in a system that has eight times as many high-school football teams as high schools that teach advanced placement computer-science classes.”(アメリカで育ったあなたは、高度なコンピュータサイエンスの授業を行う高校よりもフットボール部の数が8倍あるような世界で教育を受けているのだから)など、産業界の要請と学校教育の提供する内容の乖離が指摘されています。
    http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323605404578478021457924416.html#articleTabs%3Denglisharticle
  • "What's Holding American Students Back? The SAT"
    オンライン版とプリント版で使用されている画像が違うようですね。プリント版では、"The SAT Is; A) Elitist, B) Unfair, C) Out of Date, D) All of the Above"と4択のマークシートが用意されていて、Dが塗りつぶされている、という画像でした。日本でも最近は大学入試に面接を導入するべき、べきでない、の議論がありますが、アメリカでも似たような問題が起きているようですね。「人間力を量るために面接」というのと「IQテストで天才は見つけられない」というのは問題意識の見え方は異なるものの、紙のテストで見えない何かを評価するべき、という点で問題意識が共通しているように思います。
    "Scores are highly correlated with family income; Harvard law professor Lani Guinier calls the SAT a “wealth test.””(スコアが家庭の収入に高い相関を持っていてSATは富裕度テストだとハーバードの教授が言った)なんて意見も興味深いですね。格差の固定化についてもいろいろな場面で出てくる話題です。
    なお、SATは記事によれば1926年に登場したテストだそうです。お上が一括で導入させたテストではなく、徐々に大学が採用していったテストなんですね。採用する学校が増える一方で出てきた批判なども記事中には紹介されています。2014年に大改訂されるようで、今後の動向も興味深いです。
    http://www.businessweek.com/articles/2013-10-03/sat-act-college-admissions-tests-are-holding-american-students-back
広告を非表示にする