読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語学習帖

日々の職場英語・生活英語メモ:ビジネスに使用する英単語や英語表現、話題になりそうな海外メディア記事を紹介しています

英文ルール今昔

思い出すまま、過去に習った英文ルールと日々触れている英文の差異について:

 

<段落の最初はスペース>

たとえば、

I would like to update you about project X as follows. Please let me know if you need further information. という書き出しの文書があったとして、

 I would like to update you about project X as follows. Please let me know if you need further information. ~~~のように、最初は一文字あける、というもの。

Wordの文書だと今もそうするし、メールだと一文字空けはしないです。プレゼンPPTは人により、ですね。

 

<強制改行をしない>

これは今も昔も同じですね。

日本語のメールだと、このように

読みやすいように、改行を入れて

それぞれの行を同じくらいの分量に

分けて読みやすくすることがマナー

だと思われている方もいるようです

が、英文ではしません。

 

というか、英文で強制改行をすると、次の行の最初が大文字になったりするので、却って読みにくくなります。また、文章が終わる毎の改行も好まれず、話題が変わるところで段落を変え、段落と段落の間には1行開けることが一般的です。

 

<読点の後はスペース、句点の後はダブルスペース>

というルールを10年前にビジネスで英文を書き始めた頃に教わったものの、最近のメールでは基本的にどちらの後もシングルスペースしか見ません。

昔の文: As we discussed previously, we offered discounts to XXX.  However, ~~~

今の文: As we discussed previously, we offered discounts to XXX. However, ~~~

学術論文の書式規定では今も句点の後はダブルスペース、とするようなので、文書によっては注意した方が良いかもしれません。

 

<短縮形を使わない>

Hi I'm XXX, I'd like to ~~~. のように短縮形を使わず、Hi I am XXX, I would like to ~~~とします。メールも含め、短縮形は使いません。

一方で、BTWとかFYI、FYR、ASAPのような省略語がメールに入ってくることはあります。

BTW; by the way (ところで)

FYI; for your information (ご参考まで)

単に参考まで、だとjust FYIとすることも

FYR; for your referrence (ご参考まで)

ASAP; as soon as possible (至急)

 

 

英文ビジネスライティング大全  レター、Eメール、見積書、督促状から履歴書まで

英文ビジネスライティング大全 レター、Eメール、見積書、督促状から履歴書まで

 
英語ビジネスドキュメント・ライティングの技術

英語ビジネスドキュメント・ライティングの技術

 
英語で作るビジネス文書ルールとマナー

英語で作るビジネス文書ルールとマナー

 

  

f:id:CoffeeAndBooks:20150110040144j:plain

 

広告を非表示にする